Welcome to my blog

シュナとベランダガーデン

乳がんを克服し、シュナウザーとお気に入りのベランダで毎日を大切に過ごしています。

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 病歴の覚書

病歴回顧録 子宮内膜症 (薄れていた記憶を少しずつ甦えらせながら書いています)


m-styl76.gif

★平成11年2月
生理痛に悩まされ・・・・
大学病院にて子宮内膜症・子宮腺筋症・卵巣脳腫の病巣摘出
子宮温存開腹手術(重症のため腹腔鏡下での手術は不可能)
卵巣がんの疑いもあり
手術当日の説明で初めて執刀医から言われたこと
○術後をしても約半年で再発します。驚
え~~~!??当然手術をすると治ると思っていた私と主人は愕然としたものの
術後早期の妊娠を期待し、手術に踏み切りました。


その後子宮のいい状態のうちに体外受精・顕微授精を試みるものの
妊娠は叶わず症状はさらに悪化
生理の度に飲む鎮痛剤(ロキソニン・ボルタレン・ボルタレン座薬)の回数は一回の生理で40~50回
激しい痛みは2週間もの間続くようになる。


冷え性改善を目指し漢方専門病院通院
医師からは冷え性はあなたの体質だから治りませんよと言われました。
上手く付き合うしかないのでしょうか
鎮痛剤を飲むとカラダが急激に冷え
結局冷え性の改善はしませんでした。大泣

★平成16年ごろ某総合病院にて内膜症治療を再開
ホルモン療法(リュープリン)
生理のたび過度の出血があるため極度の貧血状態が続く(輸血寸前)
鉄剤を注射すると出血量が増すばかりで悪循環・・・
カラダの限界を感じ、子宮内膜症協会から腕のいい外科医がいる病院を紹介してもらいました。

枇杷温熱療法

★平成18年3月
すがる思いで京都・佐伯医院を訪れました。
そのとき子宮は温存が不可能なくらい大きくなっていました。
数ヶ月ピル服用で生理を止めて子宮の縮小を期待する(具合が悪くなり途中で中止)
腹腔鏡下手術にて子宮を摘出
術後の痛みは開腹手術に比べると1/10程度
びっくりするくらい楽な手術でした。

子宮を摘出することによって卵巣機能が低下する恐れがあると聞いていましたが
その後はまったくトラブルもなく順調に過ごさせてもらいました。
主治医の技術・病院の食事 全てにおいて満足度の高い病院でした。
いい先生にめぐり合ったことに感謝です。
器にもこだわった食事が美味しかった~♪
退院の日はアロママッサージも付くんです^^



私の生理のサイクルは22日と早く、一ヶ月に元気な日はほんの少しでした。
予定も立てられず、いつ終わるとも先が見えずにひたすら痛みとの戦いの日々。
孤独だったな~。死にたかった・・・・
もう一生分の痛みを私は体験したと思い
この先・・・神様は痛みを私に与えないだろうと
なのになのに次は乳がん。(母と同じ年齢で発症、母は今も元気です)
もう~なんでやの~ん!

m-style86.gif

でも今はあの頃の私ではなく、辛いことを力に変える知恵を見つけ
がんばっていかなきゃと思えるようになりました。
苦労をかけどうしの主人のためにも・・・・
今振り返ると内膜症が完治した後の私は、わがままな生活を送り
あれもやりたい!これもやりたい!といつも自分中心でした。
もう二度と痛みを味わいたくないので健康おたく。
フラやヨガ、ストレッチ体操・・と身体にいいことも積極的に行いよく遊びました。
次第に主人への思いやりにも欠け、外へ外へと向かっていました。

今また新たな闘病生活に入り、やっとほんとうの幸せを感じはじめています。
生きていることの喜びを感じながら心から『乳がんにありがとうと言える日まで


どう生きるのか・・・・
『少欲知足』小さな欲望を満たし、足るを知れ
まさにそんなメーセージがわたしに降り注いできたんですね。

合掌



不良妻LaLa



みなさんのブログにたくさんの元気をもらっています♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ





- 4 Comments

mihoyo  

読みました

とても辛い思いをされてきたのですね
私は同じ病気だとは言うものの
経過はずいぶん違っています
病気ってホント十人十色ですね

確かに病気で色々なものを失いましたが
それ以上に得るものが多かったように思います
病気にならなかったら、きっと得られないものも
あります

これからの人生を充実させるためにも
感謝と喜びを大事にしていきたいですね♪

2011/09/12 (Mon) 23:11 | EDIT | REPLY |   

LaLa  

mihoyoさんへ

お返事遅くなりました~。

内膜症の経験があったからこそ、乳がんに対して前向きになれたんだと思いますね~。
自分のカラダは自分で守らなくては!って感じですが・・・
逆に先生にお任せするところは素直になろうと思っています。
上手く乗り越えていく知恵がついたのかしら?笑

病気を乗り越え、今までに味わえなかった素晴らしい風景に出会えることがとても楽しみです^^

2011/09/13 (Tue) 11:15 | EDIT | REPLY |   

ミスリム  

LaLaさん こんばんは

大変な思いをされてきたのですね。言葉がありません。
鎮痛剤を一回の生理で40~50錠だなんて、ほんとに想像を絶する痛みなんでしょね。
腹腔鏡の手術は私も大腸癌でしましたが、開腹手術に比べると身体への負担は軽かったです。
でも乳がんのほうがもっと負担が軽かったですね。やはり内臓ではないので、ダメージがすくないのでしょうか?

私も病気になった失ったもの、得たものいろいろあります。
いつか、病気にありがとうという気持ちになれるのでしょうか?

2011/09/17 (Sat) 00:05 | EDIT | REPLY |   

LaLa  

ミスリムさんへ

鎮痛剤は4~5時間しか効かなくて、一日何度も飲んでいました。
仕事に出かけるのが大変で、痛みを理解してもらえない辛さもありましたね~。
治る見込みもなく何年も続いたので、もう情けなくて・・・・
開腹手術のとき術後はかなり痛みがありましたが、
ほんと腹腔鏡では鎮痛剤もいらないくらいでした。すごい技術ですよね~。
手術中のビデオまでもらったんです^^;

乳がんの手術自体には不安はないんですが、病理結果だけが気になります・・・・
4.5日から2週間と言われています。長いなぁ・・・

病気になって、信じられなくなくなったものもあって悲しいことも多いです。
人との絆を大切に自分の道を選んでいこうと思います!

2011/09/17 (Sat) 02:28 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。