Welcome to my blog

シュナとベランダガーデン

乳がんを克服し、シュナウザーとお気に入りのベランダで毎日を大切に過ごしています。

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 骨シンチと針検診の結果

針検診の後の胸の痛みは一週間ほど続きました。
この日は骨の転移を調べる『骨シンチ』
注射をしてから2時間半後に検査開始です。
所要時間は一時間弱で痛みもなかっ^^

検査の後は気になる針検診の結果を主治医から・・・・。
☆女性ホルモンの影響を受けているもの
☆HER2は陰性
☆増殖マーカーは中間(おとなしくもなければアグレッシブでもない)
総合的なグレードは3段階の2(真ん中)ということでした。
う~ん・・・・。もしかしたら良性かも?なんてかすかな望みもあったんですが、がくん・・・。

抗がん剤は受けたほうがよさそうとのことなんだけど、術後ではなく術前にしてはどうかとすすめられました。
術前のメリットはガンが小さくなるので、手術の範囲か若干小さくなる。
腫瘍を取り除いた後では抗がん剤の効き目がわかりずらいところがあるけれど、
術前だと効果が明確。
もしかしたら消えるかも?なんてことも・・・・(先生は言ってませんけど・・笑)
もちろん強制ではないので、これは本人の希望次第。
ゆっくり考えることなので返事は後日ということで帰ってきました。

この日ちょうど待ち時間に読んでいた本の中に、ガン治療の抗がん剤は最初が肝心!
なんてことが書いていました。
がん細胞は抗がん剤によって生き延びた細胞はどんどん強くなるんだそうです。
なので、しっかり見極めて効果のあるものを使いたいな~。
先生にも、このことはチラッと!^^
『先生大丈夫?』

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。